更新日 01/03/11  就活の友2001  

 うめさんの就職活動にまつわるエトセトラを紹介。

2001・3.10
今日はあるメーカーのセミナーの日。
13:30に初台の大東京火災ビルに集合ということで、
時間に余裕を持って出発、明大前で新宿方面本八幡行き電車に乗る。
ここからその日の惨劇は始まった。

笹塚で一度乗り換えなければ、初台には行けないことを忘れてた!!
新宿まで強制連行。この時、時間は12:50。

「まあ、新宿で折り返せばいいや」と思っていた。
新宿駅で、明大前方面の京王線を待つ。

・・・おかしい。各駅停車が来ない。急行・特急ばかりが発車していく。
「各駅停車・京王八王寺行きは、4番線からの発車となります」のアナウンス。

「なんだと!!!?」
寿命が1年3ヶ月程縮む。
駅員に4番線の場所を聞き、ダッシュ。四駆郎よりも早かったと思う。

13:20、初台に到着。勘を信じてひたすら走る。本能のままに走る。
「遅刻された方は、セミナーに出席できません」という、HPで見た
案内の言葉が、頭を何度もよぎる。

「徒歩10分」と案内にあったが、走れば間に合うはず。あきらめるな!

一度でも道を間違えれば、信号にひっかかって、タイムオーバーだ。
失敗は許されなかった。
「エントリーシート書いたのに、このまま引き下がれるか!!」
全力疾走!何と、運良く正しい道を走ったらしく、現地に到着。

この時、13:27。・・・間に合った・・・・・・。
久し振りに本気になったな。
「あきらめるか!」と最後の1分まで粘ったのが勝因ですな。
SPI試験は、数学がボロボロだったけど・・・。

 



2000・12
 
世紀末になり、就職活動を激しく意識し始めたうめさんは、リクナビ・メガジョブ・
日経就職ナビの3つに入会。企業情報を検索し始める。

 ゲームショップ店員、楽器屋店員、CDショップ店員、
          コンサートホール運営などの仕事に興味を示す。

 ある日自宅に郵便小包が届く。「なんだこれは?」
それは、「リクルートブック2001」という就職情報誌の塊であった。「重い。」
開く気が失せたので、机の横に放置することにした。「また後で。」

2001・1
 企業からのメールの量に恐れおののく。いちいち見てはいられん。
そして、時々家に届く、企業からの資料請求用ハガキ。
聞いたことの無い企業からばかりやってくるのは何故?
これらの謎の訪問者たちをバッサバッサと斬り捨てていく。
「またつまらぬ物を斬ってしまった・・・。」

2001・1,28
 
これまで10社ほどエントリーする。
一般常識の本を購入。ちょこっとつまみ食い。
説明会にも出てみようと思う今日この頃。

正社員とアルバイトの違いって、5・6年か
10年ぐらいしたら顕著に表れるんだろうな。
うーん。余暇を大切にする生活を送りたいものだ。

放置していた「リクルートブック2001」を机に並べて整理。
有効活用しなければ。

2001・2
 
就職情報誌の塊第2弾が届き、悲鳴を上げる。
「俺の部屋のスペースを徐々に狭くして、最後に押しつぶす作戦か!」
そうはいかない。
「またつまらぬ物を斬ってしまった・・・。」

エントリーシートの内容を考える毎日。

Ads by TOK2