<プロフィール>

生まれも育ちも「山があっても山○県」(←古っ!!)で有名な場所。(^-^;

物心付いた頃、家の車はルーチェ・ロータリークーペだった。もちろん車名なんて知らなかった(^^ゞが家の前の空き地でミッションをガチャガチャ動かすのが最高に楽しかった。(ToshiのMT崇拝の原点はこれなんだろうなぁ...)(^^ゞ

免許とって最初の車はAE86(レビンGT)。学生時代はせっせとバイト費を車に注ぎ込み、暇さえあれば当ても無くふら〜っとドライブに出かけたり、車を弄ったりしていた。

就職してからは車を弄る暇がナカナカ取れなくなり、そうこうしている内に86はクランクボルトが折れてエンジンが逝ってしまう。Toshiが生活している地域では通勤&生活の足として車が必須!!なので途方にくれてしまう。取り敢えず足として古いスクーターを友人より格安で購入し、代替エンジンを物色しながら約1年間スクーター生活を続ける。

そうこうしている内に、良い出物のAE86(またしてもレビンGT)に出会い、現車を確認して即決で10万円で購入。(頭○字Dの連載開始前だったので、当時の86はただの古い車で安かった...) 2代目の86も色々弄って走り回っていたが、だんだん仕事が忙しくなって午前3時・4時帰りが当たり前の生活が続くようになり、車に係わる時間が取れなくなってしまう。

やがて目の回るような忙しさも終わり、ようやく世間一般のサラリーマン並みの時間に帰れるようになった頃には、既に27歳になっていた。(^^ゞ その当時、前記の非人道的残業の代価として得た給料が結構貯まっていたので「チョットは落ち着いた車にでも乗り換えようか...」な〜んて柄にも無いことを考え、次の車の物色を始める。が、Toshiの希望(FRのスタイリッシュなクーペでMT、一応「スーツ着て乗ってて変じゃない奴」って感じ...)に沿う車が見つからない!!
そう、既に世はミニバンブームでスポーツカー冬の時代が到来していた...

ナカナカこれはっ!!という車が見つからない日々を過ごしている内に、当時BMWに乗っていた知人に奨められてBMWに試乗に行く。試乗前は「外車なんて高いし壊れるんだろ?」なんて思っていたが、試乗してその走りにカルチャーショックを受ける。ディーラーが用意してくれたのは318is/ATと318is/MTの2台で、外車初心者のToshiは最初にAT・次にMTを試乗したが、そのしなやかで奥が深い足回りの虜に...その日は見積もりだけ貰って帰ったが「どうしても欲しいっ!!」と惚れ込んでしまったんだから、もう居ても立ってもいられない。次の日には会社を早退してハンコを持ってディーラーへ...(^-^;
希望の装備・色の車両が国内在庫にあった為、約1週間後には晴れてBMWオーナーになる。

現在は2台目のBMWとしてM3Cを所有。318isで唯一不満だったエンジンパワー(同じシャーシで2倍以上の321ps)を手に入れ、サーキットにジムカーナにとスポーツ走行を満喫中。

ちなみにToshiは雨男らしく、BMW初試乗・318is納車・初コーティング納車・初筑波走行・初FISCO走行・M3C(現車)初ご対面といったイベントは全て雨(!!)でした。(^-^;


戻る