<足回り交換(2号)> 14.5.24〜14.7.6

ワンオフでオーバーフェンダー化する事になった2号機ですが、ワンオフならば自由に作れるんだから、折角ならワイドトレッド化してボディ側を足回りに合わしちゃお〜♪♪

、、、という事でワイドトレッド化を行う事に決定。

この辺り、深澤自動車さんではM3GTR等ワイドトレッド化したE36の作成経験が豊富なので、部品手配関係はお任せしました。

時系列的には足回り交換とオバフェン製作は同時並行作業だったんですが、ごちゃ混ぜにするとややこしいので、レポートは足回りの交換とオバフェン製作は別々にアップしますね。^_^;

ある程度部品がそろったところで、足回りの交換作業開始です。

2号車は譲り受けた時点でワンオフのブレーキシステムが付いていたのですが、新しい足回りでは使わないので、ばんばん外していきます。^_^;

画像は使わない部品をほぼ外し終わった状態です。

ショックアブソーバも使用しないので、この後で外しました。

外したノーマルアームと新しいサスアーム。

ロアコンブッシュは社外の強化品を加工して使用します。

作業途中の画像は無いので、いきなりですが完成です。^_^;

ショックアブソーバは、この時点では新しいのが未だ届いてなかったので、借り物です。

ワイドトレッドになったので、もちろんタイロッドも交換してます。

お友達のM3GTRやデモカーのワイドZ3のホイールサイズを参考にして、ホイールのサイズを決定して、同じ出面になる様にスペーサで調整したホイールを履かせてみると、、、、

完全にボディからタイヤが出っ張っています。
(@_@;)

いや〜、改めて凄い事を始めちゃったなぁ〜。
^_^;

取り敢えず地面に下ろして、リフトから出します。

1分の1チョロQですね、、、、^_^;

暫定の足回りでオバフェン製作を開始してから暫くして、発注していたショックブラケットが届きました。

実は今回、エンドレスさんに色々便宜をはかって貰らいまして、バラ部品を供給して貰ったり、フロントとリアで違う車種用を出して貰ったしてます。

取り敢えず、手持ちのFショックと組み合わせてみたんですが、、、

う〜む、、、長過ぎて車高短に出来ない、、、

 

やはりメーカーのアドバイス通り、もっと短い奴でないと駄目か、、、

という事で、フロントショックは新品を投入です。

ブラケットと減衰調整器を取り付ければ、Fショックが完成。

フロントが新品になったので、どうせならとリアショックも新品を投入しました。

 

手持ちのショックからブラケットとアッパーマウントを移植して、リアも完成♪

ショックシャフトの太さが変わったので、アッパーシートの軸受けも新しいものに交換します。

新しい足回りが完成したので、早速交換。

画像は借りていた足回りとの比較です。

見ての通り、エンドレスの車高調は全長調整式です。

スプリングはこれまた借り物。

実はブレーキローターも借り物だったりして、、、、^_^;

 

もちろん、後で新品に交換しましたよ。

早速265/35-18を仮当てしてみると、、、

結構際どいですが、計算通り収まりました♪♪

 

これで本格的にオバフェン製作に取り掛かる準備が整いました。

戻る