<クーラント交換> 12.7.15

バノスのオイル漏れ修理の時、ついでにラジエータのクーラントを交換しました。

※本レポートを参考に作業しようという奇特な方は、自己責任にてお願いしますね。(^-^;

ラジエータ下部のドレンボルトを抜いて、クーラントを抜きます。

ここから抜く事が出来るのはラジエータの中だけなので...

エンジンブロック側のドレンボルトも抜いて、エンジン内のクーラントを抜きます。

タコ足の影にドレンがあるので、タコ足にクーラントがかかっちゃいますので、抜いた後で良く洗い流しておきます。

抜いたクーラントですが、特に汚れている様子も有りませんでした。

ま、定期交換しないとエンジン内部が錆びますから...

クーラントですが、今回はビリオンのType_R+を使いました。

全部で10L弱ほど入りますので、4L×3本購入しました。

ある程度入れ終わったら、エンジン始動して暫く放置すればエアが勝手に抜けていきます。

戻る