<スロポジセンサ交換> 11.12.24

※本レポートを参考に作業しようという奇特な方は、自己責任にてお願いしますね。(^-^;

最近、だら〜っと流している時にエンジンがばらつく、、、(^_^;)

ドライビングモニターのアクセル表示もチョット変、、、

 

、、、って事でスロポジを調べてみたら、全閉付近の抵抗値が不安定で、アクセル戻す度に値が違う。!?(・_・;?

どうやら接点が磨り減ってしまったっぽいです。

スロポジセンサは6連スロットルの一番前にある部品。

見ての通り、周辺には他のセンサハーネスやブラケットがあり、ドライバーが入らないので...

ブラケットごと外してから、ドライバーでネジをはずして交換します。

交換後は元通りに組み立てれば、交換終了です。

交換したセンサですが、どんなになっているのか?、興味があったので分解してみると...

カーボン抵抗体(接点)?と思われる部分の一部が削れてしまっていました。

うちの奴は21万km直前ですから、ここまで良く持ったって言うべきなんでしょうね。(^^ゞ

戻る