<FISCOライセンス走行> 07.4.23

ベストタイム:2分3秒019 (Pラップ計測)

エキシージ乗りの友人の初めてのサーキットデビューとしてFISCOファーストインプレッションに参加すると言うので、サポート(冷やかし?)に行ってきました。
※ファーストインプレッションの様子はみんカラBlogにUP済なので、そちらを見て下さい。

もちろん、ただFISCOへ行くだけでは勿体無いので、友人がライセンス講習を受けている間にNS-4を1本走ってきましたよ。

心配していた天気も何とか走行中はもってくれました♪

車載はこちら




今回のテーマはコーナーを何速で曲がった方が速いのか?...なので、意識して1つ上のギヤで曲がってみました。
一応、1周目が5秒台・2周目が6秒台、それ以降は変更した走り方に慣れてきて殆ど3秒台前半が出ています。(赤丸の部分)

今回の走り方では、感覚的にはコカコーラコーナーから100Rネッツコーナーから最終コーナーが速い様な気がしました。
逆に1コーナーは遅くなった気が...
まぁ〜、あくまで「感じがする」だけなので、根拠は無いんですがね。(^^ゞ

でも感覚に頼っているだけではどっちが速いのか良く判らないので、ある程度タイムが安定している4周(赤丸で囲んだ部分)の車載画像から区間タイムを計算して過去のタイムと比較をしてみました。 
 

比較に使ったのは06.12.4のFISCOライセンス走行で、その時のベストタイムは2分2秒428です。

サンプルとして使ったのは、ある程度タイムが安定している8周(画像の赤丸で囲んだ部分)を使いました。

なお当時は軽量ボンネットと軽量クラッチキット・ダイレクトエアフィルタを装着しており、車両の戦闘力的には現在より上で、気温条件的にもタイムが出やすい条件でした。
 

 

先ずは1〜2コーナー区間。

 

06.12.4

07.4.23

ギヤ:5→4→3→2→3→4

5→4→3→4

平均タイム

13秒499

13秒533

ベストタイム

13秒330

13秒400

今回の方がやや遅い結果となっていますが、両者のタイム差は極僅差なので、車の戦闘力や気象条件等から判断すると、殆ど差がないとも考えられます。

う〜ん...判断が難しいところですね。(--;;;
 

続いてコカコーラ〜100R区間。

 

06.12.4

07.4.23

ギヤ:4→3

4

平均タイム

18秒400

18秒297

ベストタイム

17秒930

18秒200

平均タイムは3速へシフトダウンしない方が良い結果が出ています。
ベストタイムは3速のほうが速いですが、この周だけ良かったタイムなので、一発は速くても安定感が無いとも言えますね。

また100Rを3速で走行した場合、車両の挙動変化が激しくなり姿勢を崩してカウンターを当てるケースが多く見受けられました。

よって、安定してタイムを出す為には4速ホールドで走った方が良さそうです。



最後にネッツ〜最終コーナー区間。

 

06.12.4

07.4.23

ギヤ:3→2→3→4

3→4

平均タイム

20秒876

20秒667

ベストタイム

20秒600

20秒530

平均タイム・ベストタイム共に、2速へシフトダウンしない方が良い結果が出ました。

ネッツ〜最終コーナー区間は登り区間なので、低いギヤを使った方が立ち上がり加速が良く感じますが、シフトチェンジする際の空走ロス等の影響が大きい(?)のか、3速でダラ〜っと加速する方が良い結果となりました。

この辺はM3Cのトルクバンドの広さも影響していると思います。

※S50B32エンジンのトルク特性はこんな感じです。(パワーチェック_07.4.9)

 
これらの結果から判断すると、今回の結論としては、
シフトチェンジはサボった方が速い! って事ですかねぇ...(^^ゞ

...という事で、暫くの間は2速を使わない走り方で修行してみます。

※尚、今回の結論は車載画像から適当に測定したタイムを元に、いい加減な考察から導き出した結論なので、この報告を参考にして走ってもタイムが短縮される保障はありませんし、万が一タイムダウンしたとしても苦情等は一切受け付けませんので、悪しからず...(^^ゞ


※おまけの結論
一つ上のギヤで走っても同じ様なタイムが出る...って結果の本当の理由は、実はコースにギヤが合っていない(2速では低い、3速では高い)って事なんですよねぇ〜。
...ファイナルを換えた方が手っ取り早くタイム短縮出来るんだろうなぁ...(^^ゞ
 

戻る