<ガス欠症状対策(取り付け編)> 06.10.10

前回書いた通り、ガス欠症状の原因がJETポンプの能力不足だとすれば、代わりのポンプを追加してやればOKなのではないか??
...と言うことで、ガス欠症状の対策として「左タンクから右タンクへガソリンを送るポンプを追加」してみることにしました。

※本レポートを参考に作業しようという奇特な方は、自己責任にてお願いしますね。(^-^;

M3CはM3Bと異なり、左タンクから右タンクへガソリンを送る配管はガソリンタンク内を通っています。
この為、ポンプ部分にタンク外へパイプを出す構造が付いていません。

ガソリン漏れ等の無用のトラブルを避けたいし、もし効果が無かった場合にノーマルに戻せる様にしたかったので、タンクその物自体には一切改造を施さない様な方法を考えます。

いろいろ考えた結果、国産車のインタンク式燃料ポンプを装着する事にしました。

追加ポンプはあくまで補助ポンプですから、能力的には軽自動車用で十分ですし、出来ればストレーナや耐油配線等が付属している方が、都合が良いです。

色々ネットで調べていて見付けたのが画像のポンプです。
このポンプはパジェロミニ純正ですが、上記の条件を全てクリアしています。
早速オークションで入札して、\3000でGetしました。

その他、燃料ホースやクランプ、リレーやスイッチ・リード線等々、必要となりそうな物を用意します。

早速、休みの日に作業開始!!

先ずはリアシートの座面を外して、メンテ用の蓋を外すと左右のポンプの蓋が見えます。

先ずはメインポンプの取り外しから...

上部のリングナットをハンマーでド突いて回します。

本来ならSSTで回すナットなんですが、この方法で十分です。(^^ゞ

リングナットが緩んだら、ポンプユニットを引き抜きます。

開口部が細いので、知恵の輪状態...

破損しない様、慎重に引き抜きます。

右タンクのメインポンプユニットを引き抜くと、燃料偏り防止用バッフルとJETポンプの配管が見えます。

燃料ポンプとバッフルの位置関係はこんな感じで収まっています。



同様に左ポンプを外すと、レベルセンサーとJETポンプが見えます。

この部分に追加燃料ポンプを取り付けます。

ポンプの配線ですが、ユニットの天面にネジを貫通させて、それを銅線代わりにして外部へ配線を引き出しました。

続いて、追加ポンプの配管を左タンクから右タンクへ通すんですが...

タンクの開口部は直径僅か11cm!!

腕を知恵の輪して何とか通しました。(^^ゞ

次に、用意しておいたアルミパイプを適当な長さにカットして...

先ほど苦労して通した燃料ホースの先に取り付けます。

このアルミパイプ部分をノーマルJETポンプの配管にステンバンドで固定すれば、追加ポンプの取り付けは完了です。

続いて、追加ポンプのコントロール用のスイッチやリレーを取り付けます。

トランクのバッテリーから直接電源を引いて、リレーを配線します。

追加ポンプのON/OFFスイッチはセンターコンソール部分を分解して...

シガーソケット部分のメクラ蓋に装着しました。

取り敢えず全配線が繋がったところで、早速作動確認します。

左タンクにガソリンを入れてスイッチON!!

無事にガソリンが送られてきました♪♪

後は内装を元通りに組み立てて、作業完了です。

パイロットランプつきのスイッチにしたので、作動時は青LEDが点灯します。
本当はオレンジLEDの方が好みなんですが、近場では青色LEDスイッチしか入手できませんでした。(これってスポコンブームのせい?)(^^ゞ

ちなみにスイッチが2ヶありますが、左は追加オイルクーラーの冷却FANのスイッチです。


後は実際に効果があるかどうか?...なんですが、ガス欠症状はサーキット走行時にしか発生しませんから、簡単に確認する事は無理ですね。(^^ゞ

まぁ〜、後日確認の為にFISCO走ってレポートするのでお楽しみに♪
 

<おまけ>
追加燃料ポンプを装着した際にメインポンプのバッ直(→バッテリー直結)加工もしてみたんですが、結論から言うと逆効果な事が判明しました!!

後日、アイドリング状態で燃料ポンプへの供給電圧を測定してみたんですが、ノーマル状態では14.06[V]、バッ直状態では13.59[V]...と、約0.5[V]も差がありました。

色々測定してみると、イグニッションON(エンジン未始動)ではポンプへ供給電圧が0[V]、エンジン始動して初めて電圧が掛かったので、どうやらオルタネータの出力電圧を直接ポンプへ供給しているみたいです。

車の電圧で一番高電圧なのはオルタ出力電圧ですから、これ以上の高電圧は何処からも引っ張って来れないですね。

 

流石はBMW...簡単には性能UPさせてくれません。(^^ゞ

戻る