<オルタネータ修理> 06.5.2〜11

うちのM3ですが、既に11.5万kmを走破しています。
Toshiのとこへ来てからでさえ4万kmも走っているので、イロイロ部品を発注してGWに一気にリフレッシュしようと企んでいた矢先、オルタネータトラブルでM3が不動に...(T-T)

※本レポートを参考に作業しようという奇特な方は、自己責任にてお願いしますね。(^-^;

事の起こりは5/2でした。

出先にて突然のエンジン停止!!
本当に、走行中にいきなりエンジンが止まりました。
そのまま道路脇に止めて再始動を試みたんですが、困った事に再始動も出来ず、哀れ牽引されて帰宅する事態に...

実は前日の夜...
@突然オーディオの電源が落ちた
A何となくヘッドライトが暗い様な気が...
B追加メータの針がピクピクと振れていた
これらはバッテリー電圧低下の前兆現象なんですよね。

上記の状況だった為、バッテリーが死んだだけと思い、取り敢えずバッテリーを交換しました。

そのまま1時間ほどアイドリングで様子を見て、問題が無かったので、これにて完治♪...と思ったんですが...

翌日、当初の予定通りに燃料フィルターやらオイルレベルセンサやらラジエータサーモやらを交換して、ニコニコしながら確認試乗へ出かけたところ、突然オーディオの電源が落ちたんです!!

まさかっ?!...と思いながらも、急いで帰宅してバッテリー電圧を測ると12Vを下回っています。

バッテリーは新品ですから、問題はオルタネータですね。(あ〜う〜)(ToT)

早速オルタを外してみると、何と端子がボッキリ折れてました。(T-T)

コネやネットを駆使して中古品を探したんですが、GW中は日本全国お休みで二進も三進もどうにもなりません。

折角の4連休なのに、足が無いので全く外出することが出来ません。

まぁ〜、家でぼぉ〜っと落ち込んでいても仕方ないので、エアクリーナーのメンテ(清掃)をしたり...

追加オイルクーラーの配管が邪魔で取り付けられなくなっていた遮熱板を加工して...


※画像にマウスを乗せて下さい

取り付けられるようにしたりと、多少は前向きな車弄りもしました。(^^ゞ

(暇を持て余していただけとも言います...)

GWが明けて直ぐ、ダメ元で電装屋さんへ持って行ったところ、ダイオードと端子の交換で直るとの事。(ラッキー♪)

ついでにオーバーオールをお願いしたんですが、預けてから3日で修理完了しました。

交換した部品も貰ってきたので、一応、画像をUPしますね。

先ずは破損した端子部分とダイオードです。

次は電圧レギュレータです。

この部品に異常は無かったのですが、ブラシがこの部分に付いているので、交換しました。

こちらがブラシの画像です。

Toshi号は11万km以上走っていますが、まだブラシは残っていました。

最後にベアリングです。

これも異常は無かったのですが、折角なので交換しました。

 

以上、オーバーホール修理でコミコミ4.6諭吉さんが旅立っていきました。(T-T)/~

会社から帰宅して、早速オルタの取り付けです。

オーバーホールしたてなので、ピカピカですね。

取り合えす最低限必要のパーツだけ取り付けて、早速エンジン始動!!

今度は同じ間違いをしない様、アイドリング時の電圧を確認しました。

んで、問題の電圧は13.6V...国産車と比較するとBMWって電圧低目ですねぇ〜。


その後、アンダーカバーやら清流板やらの諸々のパーツを全て付け終わった頃には日付が変わっていました。
ホント、ようやく直った時には、思わず涙が出そうになっちゃいましたよ...(^^ゞ
 

正月休みに引き続き、長期連休の度に不動になるM3...
結局、そんなこんなで、今回は9日間も不動でした。(T-T)
 

戻る