<オイルレベルセンサ交換> 06.5.3

やって来たGW連休♪♪...でも、うちの車は不動車(T-T)

何処へ出かけることも出来ないし、折角海外から取り寄せた部品が箱一杯あるので、取り敢えずメンテしました。(^^ゞ

※本レポートを参考に作業しようという奇特な方は、自己責任にてお願いしますね。(^-^;

オイルレベルセンサはオイルパンに溜まっているオイルの量をチェックしているセンサです。
コイツが故障すると、エンジン始動時にメーターパネルにエラー表示が出ます。

オイルパンの底を開けるので、先ずはオイルを抜きます。

まだ2000km位しか走っていないオイルですが、その間に2回FISCO走っていたので、オイルは真っ黒でした。
うちのM3はクロスメンバーを装着しているんですが、こいつがセンサを取り外す際に邪魔になります。

邪魔なクロスメンバーはチャチャっと取り外せば、いよいよセンサにご対面。
底面のボルト×3本とオイルパンの影にあるボルト×1本を外せばセンサが外れます。

こいつをドイツから取り寄せた新品に交換します。

外した時と逆の手順で組み付ければ交換終了です。

作業終了後、忘れずにオイルを入れましょうね。(^^ゞ

最近、うちの奴はFUCHSの5W50が指定銘柄です。
エレメントも交換したんですが、丁度6L入りました。

戻る