<ABSエラー修理> 06.4.10

2/6のFISCOでスピンして以来、点いたり消えたりしていたABSエラーランプですが、ついに点灯しっぱなしになってしまいました。(T-T)
普段の走行ではABSなんて作動しませんし、サーキット走行でも出来るだけ作動しない様なブレーキングを心掛けているんですが、それでも咄嗟の時に作動しちゃうモノですから、壊れたまま...と言うのは安全上宜しくないです。(^^ゞ
取り敢えず、簡単で安く(←これ、重要!)修理できる箇所から手を付ける事にしました。

※本レポートを参考に作業しようという奇特な方は、自己責任にてお願いしますね。(^-^;

エラーログを読み出してみると、当初は「右前ABSセンサー断線」だったのですが、エラーランプが点灯しっぱなしになってからは「ABSパワーヒューズ断線」に変わっていました。

右前ABSセンサーに関してはブレーキオーバーホールの際に点検したので、今回はABSの電源関係の点検をします。

エンジンベイのヒューズBox内にABS関連のヒューズは3箇所あるんですが、こいつは全て問題なし。

残るはABSリレーなんですが、こいつは「メインリレー」と「モーターリレー」の2箇所あります。
外見からは不具合が判別できないので、両方とも新しいモノと交換する事にします。

こちらが手配したリレーです。

一度に交換してしまう故障箇所が判らなくなってしまうので、先ずはメインリレーから交換してみると...

ビンゴッ!!
エラー表示が消えました。\(^O^)/

と言う事で、モーターリレーの方は無駄になってしまいました。
まぁ〜折角買ったんですから、こちらも交換しておく事にしますか...(^^ゞ

さて、問題のメインリレーですが、元電気設計屋としての興味から分解してみました。

中身は何の変哲も無いメカニカルリレーで、接点もまだまだ綺麗なモンです。

...って事は、不具合は巻き線かな??

早速テスターで抵抗値を測ってみると抵抗値が無限大...単純な巻線切れでした。(^^;A

良く考えたら、先にテスターでチェックしてみれば故障したリレーが判ったんですよね。
まぁ〜リレーの値段は安いので、気にしないことにしましょう。(^^ゞ

<おまけ>
残る不具合で目に付くモノはオイルレベルセンサーエラーです。
ECUのエラーログをみるとセンサー自体が壊れているみたいです。

取り敢えずエンジン始動時にエラー表示する以外の影響は無いので、こいつは暫く放置プレイですかね...(^^ゞ

戻る