<インマニ・エアフロ清掃> 06.2.8

2/6にFISCO走って以来、何となくエンジンが重い...っていうか、何となく弾ける感じが鈍い気が...
ひょっとして、大スピンした影響が何かあるのか...??
放置したままなのも気持ち悪いので、とにかく出来る範囲で点検をする事にしました。

まず手始めに吸気系から点検する為に、エアフィルターボックスを外したところ、内部がテカテカ(?)しています。(?_?)

何だこりゃ!?...って事でインテークパイプの中を覗いてみると...

オイルがベッチョリと付着しています!!

サージタンクの内部もご覧の通り...
底にオイルが溜まっていました。

スピンした際に異常な方向からのGがかかった為、オイルを吹き返したのか?
それともブローバイからオイルを噴いたのか?
原因は良く判りませんが、インテーク部分がエンジンオイルでベタベタ(もちろんエアフロセンサも)になっていました。

エアフロが汚れていちゃ話にならないので、パーツクリーナーを使って綺麗に掃除しました。

こんなんじゃ、まともな燃調なんか取れてない筈なので、プラグも点検する事にしました。

プラグを抜いて見ると、画像では判り難いですが、少し煤けていました。

それ程酷い状態では無かったですが、念の為、6気筒全てワイヤーブラシで磨いておきました。
(イリジウムは電極が細いので慎重に...)(^^;


取り合えず一応出来る事はしたので、早速テストドライブに行って来たところ、バッチリ調子が戻ってました。(^O^)
いやぁ〜、M3はこうじゃなくっちゃ♪♪
何て言ったってM3はエンジンが肝ですからねぇ〜。
 

戻る