<ミッション乗せ換え> 06.1.23〜1.30

 M3Cを購入して最初のジムカーナでガリッっとやってしまったミッションを交換しました。

ガリッとやって以来、リバースギヤと6速の入りが悪くなっていたんですが、更に最近は極まれに走行中に3速が抜ける様になってきた為、これ以上悪化して致命的になる前に交換に踏み切りました。


※画像にカソールを乗せて下さい
                photo by 金さん

上はToshi号から外した6速ミッションで、下が乗せ換える5速ミッション(Mロード用)です。
やっぱり6速ミッションは長いですねぇ〜。(^^;

Toshi号のミッションはシフトロッド部分からオイルを噴いていたので、後ろ半分がベトベトになっています。
またミッションマウントも2年前に交換したんですが、オイルを被って駄目になっていました。

マニュアルミッションはシフトロッド部分からオイルを噴いてしまうことが多いんですが、今回入手した5速ミッションはオイルの滲みすらない超美品でした。


ちなみにM用の5速ミッションはZF製です。
M3Cの6速や318isの5速はゲトラグ製なのにねぇ〜...(^^ゞ

それとZFのミッションオイルは、ゲトみたいにATF指定ではなくMTF指定になんですよ。
(ちょっとだけトリビア)(^^ゞ

今回、中古のミッションが非常に安価に手に入ったので、余った予算でクラッチキットを入れることにしました。

モノはOS技研製のSTR2CD(Ctype-D)です。
こいつはメタルクラッチのツインプレートで何と600ps対応(!)だそうです。(^^ゞ

本当はシングルプレートで良いんですが、最近OSが圧着力を下げた為、シングルの容量ではM3のパワーに対応出来なくなっちゃったそうです。

それにしても、折角の「強化」クラッチをどうして「弱化」させる必要があるんだろう...メーカーの考える事は判りまへん。(^^ゞ

作業はいつもの様にToshi号の主治医である深澤自動車・金さんにお願いしました。
1週間、車を預けてミッションとクラッチ交換をしてもらいました。

右はノーマルのクラッチです。
滅多にお目にかかる事は無いので、記念に一枚。(^^ゞ 


 photo by 金さん


photo by 金さん 

続いてノーマルのシフトリンケージです。
この部分も折角なのでフル・リフレッシュしてもらいました。

M3B用のパーツが国内在庫無しだった為、325is用のリンケージを流用したり、加工して取り付けたりとイロイロ苦労をかけたみたいです。


他にもミッションメンバーが国内在庫無しの為、部品取りの318isからハイエナしたり、M3Cのシフトレバー使ったら目茶目茶シフトストロークが長くなってしまった為、Mロード用のシフトレバーをシフトロッドを加工して流用したり...とイロイロ技を駆使して装着してもらいました。

この辺の流用&加工ノウハウの多さが金さんの凄さなんですよねぇ〜♪

他にはM3Cのダラダラしたクラッチフィールが不満だったので、レリーズシリンダーを318is用に交換して貰いました。
これで非常にシャッキリとしたクラッチフィールになりました。

さて、早速仕上がった車に乗ってみると、エンジンかけた瞬間から判るほどアクセル操作に対するレスポンスが上がっています。今までが「フオォン」って感じなら、クラッチ交換後は「フォン」って感じです。
もともとM3は国産車なんか比較にならない位レスポンスが良いエンジンなんですが、クラッチ交換後は正にバイクの様なレスポンスになりました♪(^O^)
ただし、クラッチミートはかなり気を使う様になっちゃいました。(^^ゞ
 

実際、家に帰るまでの間、何度かエンストしちゃったんですよね。(^^ゞ
いくらメタルクラッチとはいえ、あまりにペダル操作がシビアなのが原因なのですが...

まぁ〜、これには理由があって...

ノーマルのクラッチペダルには踏力をアシストするスプリングが付いているんですが、こいつのせいでクラッチミートする途中で踏力が変化して(途中から急に重くなる)半クラがやり難いんですよねぇ〜。

という訳で、邪魔なアシストスプリングは取り外してしまいました。(^^ゞ

これで踏力がリニアに変化するようになり、随分半クラが楽になりました。

スプリングを外した後、殆どエンストしないんですから、こいつ効果は絶大です。


<おまけ>
今回のミッション・クラッチ交換により
 ミッション    : 6速が45.65kg → 5速が35.7kg  両者の差は-9.95kg
 クラッチキット : 純正が22kg  → OSが12kg   両者の差は-10kg
となり、合計-20kg程の軽量化となりました。(^o^)/

他にはアルミドアが-16kg、FRPボンネットが-10kg、レカロシート左右が約-20kg位(かな?)、マフラーが約-10kg位(だと思ふ?)なので、ノーマルのM3Cよりトータルで-76kg程の軽量化している事になります。

さて、次は何を軽量化しようかな...(^^ゞ
 

戻る