<Fブレーキローター交換> 05.11.21

FISCOを本格的に走り始めてタイムも段々短縮されてきた今日この頃、とうとうブレーキが音を上げてしまいました。(T-T)
筑波を走っているぶんには、こんな事は無かったんですがねぇ〜。

写真の様にブレーキローターの表面に無数のひび割れが入っています。

このヒビはヒートクラックと呼ばれる物で、ブレーキの熱的なキャパシティーが足りないと発生します。

右の画像はローター裏側なんですが...

表よりも大きなクラックが一つ・二つ・三つ・・・全部で10本以上ありました。

こうなってしまうともう使い物にならないので、ローターを交換しなければなりません。
取り敢えず、手持ちの中古ローターを再研磨して使用する事にしました。

研磨したらドリルドホールの面取りが無くなってしまったので、ハンドドリルで面取りしてから装着します。

これで取り敢えずは大丈夫ですが...
ブレーキのキャパシティが上がった訳ではないので、FISCOを走ればまた割れちゃうんでしょうねぇ〜。(- -;

<おまけ>

写真はキャリパーのダストブーツなんですが...焦げて(!)溶けて(!!)破れて(!!!)ました。

まぁ〜ブレーキローターが割れる位熱くなるんですから、ゴムなんかイチコロですね。(^^;

戻る