<テンショナーキャップ脱落・ラジエータキャップ不具合修理> 05.7.11〜7.18

つい先日オイルフィルターハウジングを交換したので、オイル漏れがないか?しょっちゅう点検していたら不具合を見つけてしまいました。(^-^;
...と言う事で、早速修理です。(それにしてもコンスタントにメンテネタを提供してくれる車だなぁ〜)(^^ゞ

不具合その@
テンショナーベアリングキャップ脱落

オイルフィルターハウジングを交換する際に脱着したベルトテンショナーのダストキャップですが、サーキット走ったら脱落してしまいました。
作業時に一度外した為に爪の引っ掛かりが弱くなってしまった様です。

こちらが新品のダストキャップです。

パチンっと嵌めれば、はいっOK〜♪

こんな部品だって在り/無しではベアリングの寿命が違ってくるんですよぉ〜

不具合そのA
ラジエータキャップ作動不良(?)

朝一でエンジン点検していたらラジエータのアッパーホースが潰れているのを発見。
どうやらクーラントが冷えて体積が減り、内圧が下がった為にホースが潰れてしまった様です。

本来は上記のような事が無い様になっている筈なんですが...(-_-;

ラジエータの内圧をコントロールしているのはエクスパンションタンクに付いているラジエータキャップなので、取り合えず新品に交換です。

こちらが外したラジエータキャップです。
結構汚れてますねぇ...(^-^;

取り合えず、交換後はホースが潰れる様な事は無くなりました。
...って事は、やっぱりこいつが原因だったって事ですね。(^^ゞ

戻る