<カープレイ走行会(FISCO)> 05.4.15

ベストタイム : 2分9秒528 (Pラップによる計測)

4/10にオープンしたばかりの新生FISCOを早速走ってきました。(^-^)
今回参加したのは、地元・山梨のローカル雑誌・カープレイ山梨主催の走行会です。
オープンしたてと言う事で、当日は非常に多くの走行会が開催されており、パドックはさまざまな車で非常に賑やかでした。

※ムービーの再生にVP6_CODECまたはTrueCastプレーヤーが必要になります。→詳細はこちら

まさに抜けるような青空!!
絶好のサーキット日和です。

でもToshiは花粉症持ちなので、今の時期の晴天はちょっと憂鬱です。(^-^;

正面ゲート(東ゲート)を通って整備された道を行くと、新生FISCOのAパドックに到着。

いやぁ〜、それにしても綺麗になりましたねぇ...

既に多くの車両がAパドックを埋めていたので、身内は入って直ぐの所にこじんまりと駐車しました。(^^ゞ

こちらはAパドックから見える80R(旧Aコーナー)です。

奥に見えるのは交通安全センター・モビリタで、更にその向こうにはショートコースがあります。

ピットビル2Fからの眺めです。

これでAパドック全体のの4分の1も写ってないですよぉ〜。(・o・)

あまりのスケールの大きさに度肝を抜かれ、しばしの間ぼぉ〜っと放心状態の面々...(^^ゞ

受付が完了したら、取り敢えずドラミが始まるまでウダウダと過ごします。

おやぁ〜?!

こちらは隅っこで、コソコソと何の作業をしているのでしょうか??(^^ゞ

こちらはピット内部です。

一区画の大きさはちょっと小さめ(?)ですが、仕切りシャッターを上げれば茂木並みの大きなピットエリアになる造りです。


こちらはグランドスタンド。
公式リリースには2万5千人収容(?)とありますが、納得できるだけの大きさです。
 

ドラミはメディアルームを使って行われました。

広い室内の天井からぶら下がるモニターといい、机のAC電源・モジュラージャックといい、国際レースが開けるだけの設備があります。

やっぱりトヨタは本気でF1をFISCOで開催するつもりなんでしょうねぇ


そうこうしている内に、うちらの出番が来ました。
いよいよ出撃です。(^-^)




ここからは、車載映像を使って新生FISCOの紹介をしていきますね。
(赤丸をクリックすると、その区間のコース説明にジャンプします)

先ずはコースインゲート。
ピットビルの左端にあります。

 

コース図へ戻る

続いてピットレーン。

制限速度は60km/hと高めですが、メチャメチャ長いので、ピットインのロスタイムは給油時間+30秒くらいでしょうか?(^-^;

 

コース図へ戻る

こちらは1コーナー・右27Rです。

見ての通りクリッピングから先が下っているので、立ち上がりのラインは見えません。
5速全開からフルブレーキングしつつ5速→4速→3速→2速とシフトダウンしてアプローチします。

 

コース図へ戻る

つづいて2コーナー(右75R)。

問題なく全開でクリア出来ます。

 

コース図へ戻る

次は3コーナー(左80R)・旧Aコーナーです。

進入で4速→3速へ落として進入します。
路面のバンク角が殆ど無いので、オーバースピードだと簡単にスライドします。

 

コース図へ戻る

続いて4コーナー(って言うのかな?)。
右178Rです。

タイヤのグリップと相談しながら、3速ハーフスロットルでクリアします。

 

コース図へ戻る

続いて右95R(旧100R)です。

ズルズルと滑りたがるリアを宥めながら3速パーシャルで入って、次のヘアピンのラインを考えながら立ち上がります。

 

コース図へ戻る

次はヘアピン(左27R)です。

ここも路面のバンク角が殆ど無いので、立ち上がりでラフにスロットル開けるとスピンします。(経験済み)(^^ゞ

 

コース図へ戻る

続いて左165R。

ヘアピンからの立上り区間で、問題なく全開(2速→3速)でクリアできます。

 

コース図へ戻る

次は右120R(旧300R)です。

旧300Rがいくつかに分割されていて、M3だと3速→4速へシフトupしながらスロットル全開で行きます。

 

コース図へ戻る

つづいて右230R(旧300R)。

4速ベタ踏みで回ります。

 

コース図へ戻る

次は右15Rです。
旧Bコーナーに相当します。

旧300Rを回ってくると、トップスピードは180km/h位になっているので、そこから4速→3速→2速とシフトダウンして入ります。

 

コース図へ戻る

つづいて左20R。

この先、最終コーナーまでの区間はかなりの登り勾配なので、パワーの無い車は我慢の走りを強いられそうです。

 

コース図へ戻る

次は右60R。

ここから2速全開で立ち上がります。

 

コース図へ戻る

続いて右45Rです。
ここからが新生FISCOので肝となる区間です。

M3だと進入までに一瞬3速に入って、3速→2速でクリアします。
路面の傾斜が登りから平坦になる為、クリッピングから先がブラインドになって見えません。

 

コース図へ戻る

次は左85R。

2速→3速へと加速しながら登っていくコーナーです。
非力な車は大変そうでした。

 

コース図へ戻る

続いて左25R。
M3だと、3速→2速でクリアします。

このコーナーも路面の傾斜が登りから平坦になる為、クリッピングから先がブラインドになって見えません。

 

コース図へ戻る

次は最終コーナーに続く右コーナー。

特に問題なく2速→3速と加速しながらクリアします。

 

コース図へ戻る

そして最終コーナー・右33Rです。

3速→2速でクリアしますが、ここも縦のブラインドで先のラインが見えません。

 

コース図へ戻る

1周回ってホームストレートです。

M3だと最高速度は230〜240km/hくらい出ます。

 

コース図へ戻る

...とまぁ、頭の中ではコース攻略を組み立ててみたんですが、実際は思うように走れないですね。(^-^;
車載を確認した限り、ベストラップでもまだまだ余裕がある(って言うか、後半は他の車と絡んでいる)ので、慣れればあと2秒くらいはタイムが詰まりそうです。
車載画像はこちらang01_04_41.gif(VP6_88.2MB)  TrueCastプレーヤー版はこちらang01_03_26.gif

M3Cは計算上、2速で約100km/h・3速で約150km/h・4速で200km/h出るので、このギヤと速度の関係を頭に入れて見てみて下さい。

走った感想としては、ストレートを含め、旧コースと比較して全体的に幅が狭くなっていました。
ただし路面は非常にフラットでクリーンです。
それにホームストレート・旧300Rといった速度が乗る区間の後には必ずタイトなコーナーがあり、タイムを詰めるようとするとブレーキングが難しいコースですね。
あと、旧100Rや新設された最終インフィールド区間のコーナーは、奥へ行くほどRがきつくなるコーナーでラインの取り方が難しく、横Gをかけたままのブレーキングで簡単に姿勢が崩れてしまいます。
また、路面の傾斜による縦のブラインドが多いので、走行ラインが把握し難く、走りなれた人とそうじゃない人の差が大きく出そうなコースです。
逆に言えば、攻め甲斐があるコースって事ですね♪

今回は仕事の都合で走行終了後にトンボ帰りの予定だったので、荷物も積みっぱなしで走りましたが、初コース・初走りとしてはまぁ〜まぁ〜だったんじゃないかと思います。(^-^;
 

戻る