<なんちゃってイカリング(その3)> 05.2.18

先日、ランプが点滅する様になって修理したなんちゃってイカリングですが、またまた点滅する様になってしまいました。しかも今回は前回より状況が悪く、点滅するランプが2ヶ所・半分しか点かないランプが2ヶ所・完全に死んでいるランプが1ヶ所あります。
治しても治しても不具合が再発するので、ついにランプを自作してしまいました。(^-^;

ヘッドライトの脱着に関しては、前にレポートしているので省略します。

それにしても、ヘッドライトが付いていないと部品取り車みたいですねぇ...(^-^;

右が今回作ったランプの基本構成です。

LEDは日亜化学工業の超高輝度白色LED(型番:NSPW310BS)を2個使い、定電流ダイオード(10mA)を2個並列にして20mAで駆動します。

どちらもしまりす堂から購入しました。

上のLED組を2組使って、合計4個のLEDでランプを作ります。

上がなんちゃってイカリング標準のランプで、下が今回作ったオリジナルランプです。

内蔵しているLEDの数は4個で同じですが、サイズを半分まで切り詰めました。
寸法を詰めた事でリングに対してランプを真っ直ぐに取り付ける事が出来る様になり、リングの外へ洩れる光量を最小限にする事が出来ました。

また振動対策として、中にはシリコンコーキング剤(クリア)を充填して収縮チューブを被せてあります。

また、今回作ったオリジナルLEDはカバーが無い為、光がほとんど拡散しません。
これもリングの外へ洩れる光量を少なくする事に貢献しています。

リング1個につきランプが2個必要なので、ランプは合計8個作りました。

なんちゃってイカリングのランプを外して、上で作ったオリジナルランプと交換します。

収縮チューブ等も全て透明で統一し、透明感を追求しました。(^-^;

点灯試験もバッチリOKです。

配線したランプをリングに取り付けて、レンズをシリコンコーキング剤で固定しちゃう前に、レンズを仮組みした状態で再度点灯試験をします。

これをしておかないと、万が一不具合があった時に折角接着したのを再度剥がして接着し直す事になっちゃいます。(^^ゞ

無事完成♪♪
綺麗にクッキリとリングが光ってます。

これでもう不具合とはオサラバです。(^-^)

戻る