<シートキャスター製作> 05.1.6

シートをアフター品に交換した場合、純正シートはどうしてますか??
うちには広〜い納屋や倉庫があるから其処に仕舞っているよぉ〜なんて人は少数派で、殆どの人は置き場所に苦労しているのでは?!
Toshiの家も普通の一戸建てですから部屋に純正シートがで〜んと鎮座していると邪魔以外の何者でもありません。(^-^;

そこで、せめて簡単に移動できるようにする為にキャスターを付ける事にしました。

※本レポートを参考に同じ様なモノを作ってみようという奇特な方へ...
 アドバイスは出来ますが、作業自体は自己責任でお願いしますね。(^^ゞ

こちらが部屋に鎮座している純正シートです。

フローリングの傷防止に雑誌を下に敷いて置いてますが、なにせ一脚25kg以上あるので簡単に移動する事も出来ず、シートの下は埃の溜まり場と化してます。(^-^;

シートに直接キャスターを付ける事が出来れば簡単なのですが、ホームセンターを物色しても良い物が見つからなかったので、台車のようなものを作って、それにシートを乗せる事にしました。

右が用意した板で、これにキャスターを取り付けて台車とします。
材質は赤松集製材ですが、赤松は本棚等に良く使われている反りに強い木材なので台車にするにはピッタリです。
寸法は縦×横×厚さ=450×550×15mmで、シート取り付け穴を現物合わせで4箇所開けます。

先ずは板を純正シートに取り付けます。

見て分る通り、板の取り付け位置がセンターからずれてますが、これはシートレールのセンターがずれている為、少しでも倒れ難くする為にオフセットさせました。(ちなみにこれは右シートの画像です)

次に板の隅っこにキャスターをネジ止めします。
電動ドライバーを使うと楽チンですね♪♪

キャスターはフローリングに傷が付きにくいゴム製のモノにしました。

キャスターを4箇所付ければ...

ほいっ、完成です。(^-^)

これで自由自在に移動できます。

もちろん座っても大丈夫なので、ソファーとして使うも良し、レースゲームの座席に使って気分を盛り上げるも良し...

ただし、このままでは大きくリクライニングさせると後に倒れちゃいます。(^-^;
リクライニングさせたい人は、もうチョット後方に長く延ばした板を使いましょうね。

 戻る