<カシオペア走行会(FISCOショートコース)> 04.12.8

結果:NAクラス優勝(総合8位)v(^^)v    ベストラップ:36秒317 →動画はこちらang01_04_11.gif(VP6_2.95MB)

足回りオーバーホール新ブレーキのテストを兼ねて、カシオペア走行会FISCOショートコース・ベストラップアタックに参加してきました。
Toshiは初FISCO(ショートコース)だったのですが、下道で約2時間と距離的にも近く、反時計回りなのでM3C持病のガス欠症状も出ない...と、なかなか良いサーキットでした。(^-^)
ただエンジンとブレーキの負荷が大きく、油温は130℃を超えちゃうしブレーキはモクモク煙噴くし、と車には厳しいサーキットですねぇ。(^-^;

※ムービーの再生にVP6 CODECが必要になります。→詳細はこちら

こちらはパドックの様子です。

15台分程のピットエリアと、その後方に駐車スペースがあります。

ミニサーキットとしては設備も広さも申し分無いのですが、ギャラリーする立場だと地形で見えないコーナーが多く、チョット物足りないかも?
理想を言えば、ピットの屋根上に観戦エリアが欲しいですね。

こちらが1コーナーから2コーナーです。

1コーナーは2パターンが選択可能で、今回は手前でインフィールドへ入るパターンでした。
この場合、1コーナーは3速で進入するのですが、進入が逆バンクなので簡単にリアが流れます。

また一番奥の左ヘアピンが曲者で、ヘアピンを曲がりながら急勾配の登り(+5%)になります。
FRだとLSD無では全く前に進みません。
FF車は特に厳しそうでした。(^-^;

こちらが最終コーナーです。
3パターンの走行ラインが選択可能で、今回はセンターのラインを走りました。

見ての通り下り勾配なのでリアの加重が抜け易く、下手にアクセル開けるとテールスライドします。また、奥へ行く程Rがきつくなるので、我慢のアクセルワークが必要でした。

こちらがホームストレートです。
かなりの下り勾配(-5%)で車速が乗ります。

奥に見えるのは、伝説の30度バンクです。
かつてはGT-RとかR380とかトヨタセブンがこんな所を走っていたんですねぇ...

ドラミの様子です。
カシオペア事務局のやすさんとBellさん
(いつもお世話になってま〜す)

それにしても、てっきりMクーペで登場すると思っていたら、Mロードスター(マツダ・ロードスター)とは...(^^ゞ

ドラミも終了し、早速走行に入ります。
今回は一人で参加なので、写真は撮ってありません。(^-^;

いつもの様に、1ヒート目は様子見で縁石の位置や高さ、路面のブラックマーク位置を参考にブレーキングポイントを探しながら走行しました。
2ヒート目以降は本格的にアタックし、4ヒート走って
 1ヒート目:36秒748
 2ヒート目:36秒355
 3ヒート目:36秒335
 4ヒート目:36秒317
最初と最後で0.5秒程タイム短縮出来ました。

動画はこちら → ang01_04_12.gif(VP6_54.5MB)
TrueCastプレーヤー版はang01_03_23.gif
※ベストラップが出た最終アタックの様子です。

(おまけ)
少しですが、走ってない時に撮影した写真があるのでupしときます。

先ずはNSXです。白って事はtype-Rかな?!

M3とスペック的に近い車なので、走りを参考にさせて貰いました。(車重はM3の方が大分重いですが...)(^-^;

こちらはやすさんのニューマシン(?)です。

シートとケージ以外はノーマル(?)みたいですが、最終コーナー・1コーナー・2コーナー・ヘアピンとドリドリしてました。(^-^;

こちらはプジョー206RCです。
水色仲間という事で、思わず1枚...(^^ゞ

フランス車ってミニサーキットが速いんですよねぇ♪

他にもアルファやポルシェ...

スイフトにフォレスター...

Newビートルなど、カシオペアならではの多彩な顔ぶれが参加してました。

  戻る