<カシオペア走行会(TC2000)> 04.11.16

結果:NAクラス優勝 v(^^)v    ベストラップ:1分7秒587 → 動画はここang01_04_1.gif(VP6_4.67MB)

平日走行会なのですが、急遽休みが取れたので、ドタ参してきました。主催はいつもお世話になっているカシオペアさん。
前回TC2000走った時は土砂降りの雨だったので、今度こそベスト更新!!っと気合入りまくりで参加しました。

それがあんな結果になろうとは....

※ムービーの再生にVP6 CODECが必要になります。→詳細はこちら

 

走行会が午後からなので、家を出たのは7:00です。都心の渋滞を避ける為に中央道・八王子ICで降りて圏央道→関越→外環→常磐と言うルートに初挑戦。渋滞は外環入り口の大泉JCのみ(原因はETC専用レーンが閉鎖されていた為)の快適なドライブでした。途中休憩を入れても11:00には筑波に到着(!!)、首都高経由では考えられない程速いです。

画像は圏央道の風景です。まだ完全開通していないせいか、平日の8時台なのにガラガラに空いています。

 受付・ドラミを済ました後、Aパドックへ。

ポルシェにモデナにケーターハムにFDにインプにランエボにエリーゼなどなど...カシオペアのイベントは、いつもの様に多彩な車種が集まってます。

 

 

出走前のToshi号です。

奥には雑誌等で有名なスタのM3も見えます。

この時点では「今日は天気も良いし、目標は7秒フラット」な〜んて勝手に夢想してました。

 

...ところがこの後、Toshi号にアクシデントが...って完全に自爆なんですが...

 

こちらが問題の走行終了後のToshi号です。(ToT)

 

 

1コーナーアウト側のクッションパッドに突っ込んだ為、左サイドはご覧の通りの有様です。

ミラーも吹っ飛んでしまい、千切れたリード線が哀愁を誘います。

 

 

吹っ飛んだミラーはオフィシャルのあんちゃん.....もとい、優しいお兄様が届けてくれました。(感謝!!)

これで頭の中で計算していた修理見積りが7万円ほど安くなりました。(^^ゞ

クッションパッドの下に潜り込んだので、ボンネットから屋根まで砂だらけ...

一体どれ程のダメージが有るのやら...とほほ...(T-T)

 

問題のシーンはこちらang01_04.gif(VP6_3.22MB)

 

 

家に帰る前にダメージを確認しとかなくっちゃ!と言うことで、早速近場の洗車場に駆け込んで洗車したところ...

...ボンネットと屋根には傷らしい傷は見当たりません。

 

 

問題の左サイドですが、ガラスに擦った痕と...

Rフェンダーには無数の細かな擦り傷が出来てました。

まぁ〜この程度なら殆ど目立たないし、磨いてやれば綺麗に消えるでしょう。

どうやら直前に施工したガラスコーティング皮膜のお陰で深い傷が入らなかったようです。

 

 

一番大きな傷はFフェンダーの凹みですが、手で「えいっ」って押したら、殆ど目立たなくなりました。(ラッキー♪)

これぞハンドパワー!?(^^ゞ

塗装にヒビ・割れが無いので、ちゃんと直すとしてもデントでいけそうです。

結局、大きな外傷は無く「これなら誰も気付かないじゃん♪」って感じです。(実際、家族は誰も気付いていない)(^-^;

Toshi号は96yのアルミドア車なので、ドアをやっつけると修理費がベラボウにかかる(確か部品代だけで14万円くらい)ですが、この部分が無事で本当にラッキーでした。

 


 と言う訳で、M3Cに乗り換えて始めてクラッシュを経験した訳ですが、何とか無事?に走行会は終了しました。
  →車載はこちらang01_04.gif(VP6_69.6MB) TrueCastプレーヤー版はang01_03_22.gif
 

 

(余談)

帰りの高速にて、あまりにブレーキジャダーが出るので次の日に点検したところ、ブレーキローターが2箇所も割れていました。

割れた部分はパッド表面が削られてしまう為、本来は黒いローター表面(カーボンメタルパッドのカーボン皮膜が付着する為)が、白っぽくなっています。

  戻る