<リジットカラー装着> 04.5.23

いつもお世話になっている深澤自動車さんより「リジットカラーを作ってみたんだけど、装着テストしてみてぇ〜」とのメールを貰い、試してみたかった部品という事もあって、渡りに船とばかりに装着しました♪

左が今回装着するFMオリジナル「リジットカラー」です。

実は、E36とは言ってもM3Cだけはデフマウントの形状が違うので、リジットカラーもM3C専用になます。

これまでの他社製品では「M3Cは装着不可、又は強引に装着」だったんですが、ちゃんと専用品を用意するあたりは流石です♪

デフは、フロント側×2箇所・リア側×2箇所の計4箇所のブッシュでシャーシにマウントされています。
ギャップ等を乗越えた際やアクセルON・OFFの際にこのブッシュが結構動く(何と±15mm位動くらしい)為、シャーシとデフがバラバラに動いてドタバタとした乗り心地になります。

ノーマルサスではさほど感じられないですが、強化サスに交換すると、上記のドタバタは顕著に感じられますし、スポーツ走行する際にはスロットル操作に対してデフが動く時間の分だけタイムラグが発生してしまいます。

リジットカラーとは、デフマウントの動きを規制することにより乗り心地やアクセル操作のダイレクト感を向上させようという部品です。


リジットカラー装着に際してデフマウントを下げる必要がある為、作業の邪魔となるマフラーも下げてしまいます。(取り外す必要な無いです)

これまでの他社従来品はデフAssyを完全に下ろさないと装着できなかったんですが、FMオリジナルカラーは独自の構造によりマウントボルトを緩めるだけで装着が可能になっています。

D.I.Y派には嬉しい事です...が、それでも装着はかなり大変です。(^-^;

装着すると殆ど見えなくなってしまうので、記念に一枚。(^-^;

綺麗なブルーアルマイトなのに見えなくなってしまうなんて残念!!

装着してみた感想は、確かに引き締まった感じはあるのですが、劇的な変化を感じられる部品ではないですねぇ...(^^ゞ

結局、深澤自動車さんでも「リジットカラー+強化トレーリングアームブッシュ」として商品化した様です。

 戻る