<お色直し> 04.4.17

忘れもしない04.1.10、事件は起きました。
いつもの様に車に乗ろうとして何気なく見た左リアフェンダーに一本の白い筋が...
なんだべぇ〜と思って近づいてみると、それは引っかき傷でした。

「やられたぁ〜〜〜〜〜!!!!」(-_-#

左が問題の引っかき傷です。
ホイールアーチからテールランプまでやられました。(ToT)

走っていて生垣とかに引っ掛けた場合、真直ぐ水平に傷が付きますが、これは上下に波打っているんで、明らかに「10円パンチ」って奴ですね。犯人出て来〜〜い!!凸(-_-メ

幸いToshiは車両保険に入っていたので、悪戯に関しても保障が適用されました。

isだったらこの位の傷は気にしない(?)のですが、M3は買ったばかりだし保険も効くので直す事にしました。(^-^;

さて、イザ治すとなると普通の人はディーラーへ...となるんでしょうが、Toshiはis時代に塗装をディーラーに任せて散々トラブッた(右画像の通り塗り直した部分が片っ端から剥がちゃう)ので、金輪際二度とディーラーには任せられません!!

そういう訳で、今回も深澤自動車さんのお世話になりました。

取り敢えず一度見て貰って、他の傷と併せて修理のプランを立てようって事で、塩尻まで遊びに行ったんですが....

代車あるしこのまま置いていくかい?...って事で、そのまま入院させてきちゃいました。(^^ゞ

画像を見てもらえば判るとおり、悪戯された左リアフェンダー以外の小傷も目立つ奴は全部治してもらいました。

保険屋さんとの交渉も第一報を連絡した以外は全部お任せしたんですが、かなり融通を利かせて貰い、思ったより大分安く仕上がりました。

ボンネットにも古い引っかき傷があったので再塗装するんですが、折角塗るんだったらって事で、こちらは軽量ボンネットに交換です。

もちろんこれは自腹ですよぉ〜。(^-^;

ボンネットは重量に拘ってONEandONLYの軽量ボンネットにしました。

これはFRP製ですがたった7kgしかないんですよ♪
ノーマルが18kg位、他社の一般的なカーボンボンネット(ウェット製)は10〜12kg位あるんで、その差は歴然っす。

取り付け作業をして貰った金さん曰く「国産品らしく平面度も取り付け時のチリの合いもかなり良い」との事です。
販売元のショップさん曰く「全然売れない(涙)」そうなんですが、こういう良い品物が売れないなんて勿体無いですよね。

さて、軽量ボンネットなんですが、普通に走っている分には問題無いんですが、うちのM3はサーキットをばんばん走るので、念の為ボンネットキャッチピンを付けました。

ボンピンはあまり目立たない様にボディ同色のプルーアルマイトにしました。

いやぁ〜、やっぱり車は綺麗な方が良いですわ♪♪(^^ゞ

戻る