<リアスプリングシート交換> 04.2.28

318isから移植したBPSキットですが、isと同じバネレートではM3には役不足気味です。
isとの比較で馬力は2倍増し・車重は200kg増しですから、isのF:7kg/cm・R:10kg/cmのままでは仕方ないですね。
まぁ〜乗り心地は良いのでドライブは快適ですが...(^-^;

でもToshiは大人しく乗る為にM3を買った訳ではないので、BPSを移植して直ぐにバネレートをF:10kg/cm・R:13kg/cm(レートはisのレートを元にM3の重量バランスと軸重から計算して決定)へupしたんですが、今度はリアバネの自由長の問題で車高が上がってしまいました。BPSの車高調整リングは既に1本に減らして限界まで下げてあるので、普通はもう車高を下げる事は無理なんですが、下側の調整リングで車高を下げれないなら上側のスプリングシートで下げれば良いじゃん!!...って事で、上側のスプリングシートを交換しました。

いつもの決まり文句ですが、この報告を参考に作業をしようと言う奇特な方は、自己責任で作業をお願いしますね。(^-^;

右はスプリングシート交換前のリアです。

冬用の17インチスタッドレスを履いていますが、ブロックハイトの高いスタッドレスなのにフェンダーとタイヤの間に隙間が見えちゃってます。

画像の左がこれまで使っていたエナペタル(阿部商会?)のスプリングシート、右が新しいスプリングシートです。

新しい奴は塩尻の深澤自動車オリジナルの「リア直巻スプリング用車高調整アダプター」のベースディスク単品をφ65→φ60へ加工してもらったものです。(いつもお世話さまです>金さん)

見ての通り、スプリングが座る部分の厚さがエナペ:10mmに対して深澤自動車製:3mmと7mmも薄くなっています。
計算上はこれで10mm車高が下がる筈です。

交換はRショックの下側のボルトを外してバネを抜き取るだけです。

交換後、車高はフェンダー部で576mmになりました。

チョット下げ過ぎたかな?...とも思いますが、車高を上げるのは簡単に出来るので、暫くこのまま様子を見ることにします。(^-^;

戻る