<カシオペア走行会(TC2000)> 04.2.7

ベストラップ:1分7秒850

M3Cを購入後、なかなか筑波デビューのチャンスが無かったんですが、4ヶ月目にしてようやくデビューさせてきました。
今回もいつもお世話になっているカシオペア走行会のお世話になりました。

これまでのToshiのTC2000のベストタイムは318is(Sタイヤ)の1分10秒700ですが、今回ラジアルで走るとは言ってもM3なのですから、せめて10秒を切りたいところですねぇ。(^-^;

※ムービーの再生にVP6_CODECまたはTrueCastプレーヤーが必要になります。→詳細はこちら

20分×3ヒート走行したんですが、最初の1ヒート目はM3Cのパワーに振り回されてあたふたしてしまい、ずっと10秒前後をウロウロしていました。
最終ラップにて漸く1分8秒069が出て、先ずは目標タイムをクリア♪♪(^-^)
あとは何処までタイムを詰める事が出来るか...です。

続く2ヒート目、なかなかクリアラップを取る事が出来なかったんですが、やっと8周目にそこそこのクリアが取れて、1分7秒850と0.2秒程記録更新に成功しました。

最終3ヒート目、車に慣れてきたのかコンスタントに9秒切りが出来るようになったんですが、路面温度が上がってしまい、結局ベストは1分7秒937と記録更新ならず。


結局、2ヒート目の記録がM3初筑波のベストタイムとなりました。
車載はこちら→ang01_04_44.gif(VP6_114MB) TrueCastプレーヤー版はこちら→ang01_03_30.gif

今回の走行はM3での初サーキットって事で、初期的なデータ取りの為、アライメントもメーカー設定値に近い値で走ったんですが、やはり強めのアンダーが感じられました。それでも走行している内にリアタイヤがたれて来て、255幅とは言えオーバーにリバースする事も判りました。
また、連続で全開走行すると10分程でクラッチがオーバーヒートして滑り出す事も判ったし、油温も130℃以上に上がる事も判ったし、イロイロとM3Cの弱点を知る事ができて良かったです。
 

 戻る