神様からのギフトチケット
神様からのギフトチケット

創造とは、反抗。

創造は過去へのスマートな反抗である。
人の踏み入れたことのない道を歩くために私たちは生まれてきたはずだ。

凍った魂を冷凍庫から取り出して、レンジで温め直してくれ!

更新日 2006年3月20日
「神様からのギフトチケット」からの新しいスタイルノートです
No.1 2004.12.20 幻のc3m三結ppアンプ
三結で直線性バツグンのc3mで全段作動プッシュプルアンプを作成。
ヒーター20V点火、独ジーメンス製、黒のアルミシュラウドをかぶったロクタル管なんて、メッサーシュミットにでも使ったのかね?
No.2 2005.01.21 ああ、迷宮のコーヒー焙煎
「いるいる」なる怪しげな胡麻炒り器のようなコーヒー焙煎器も買って、
さて、チャレンジしてみると、恐ろしく不味いではないか!
No.3 2006.03.20 Momblanc #146
万円筆Monblancの#146というを研ぎなおしてもらった。
もう、万年筆無しではいられない!
No4. 2006.03.20 エセ科学とは?
ニセ科学の根源は、オカルト指向と大学教員の劣化にある!
No.5 2006.03.20 ザッセンハウスのコーヒーミル
この精密なコーヒーミルは、もう巷から消えのた?
No.6 2006.03.20 フィスラーの圧力鍋
きちんとした圧力鍋は、火傷をしない。
No.7 2006.03.20 カメラ CONTAX TVS Degital
京セラは、なぜ、希望あるこの大衆技術を捨てたか?
No.8 2006.03.20 紙筒スピーカー
紙筒スピーカーの音は、夢ある音しか選ばない・・・。
No.9 2006.03.20 真空管 45
戦前から残るこの真空管が、私は好きだ。
No.10 2006.03.20 自作SATRIアンプ
何を悟るのかって?
うーん、でも、この電流帰還アンプの音はいいぞ!
No.11 2006.03.20 株価
金融工学は、誰も株価を予測できない、と結論した。
なら、なぜ、儲けるやつと損する奴がいるのか?
No.12 2006.03.20 整体について
オカルトを排除すれば、整体の方法論はイイかもしれない!
No.13 2006.03.20 ロシア料理 サラファン
地下に降りると、そこは異国だ。
今でも、ロシア人のおばさんの声がするような気がする。
No.14 2006.03.20 蕎麦 品川 翁
ここは蕎麦を喰いに行くのではない。
まっとうな職人の顔を見に行くのだ。
No.15 2006.03.20 仏料理 マリー・クロード
陽が落ちる海を見ながら、至上の時間を味わう。
No.16 2006.03.20 禁断のCDP精密クロック制御
CDプレーヤーのマスタークロックの精度を上げると、音の命が蘇る。
No.17 2006.03.20 書店 北澤書店
ここで英国の古書を探す楽しみは、もう、終わりなのだろうか?
No.18 2006.03.20 ケーキ 鴫立亭
大磯の鴫立亭で頂くダージリンティーは絶品である。
隣には、シブーストを添えて。
No.19 2006.03.20 イヤフォン ER-4
初めて入れるときは痛い。でも、慣れれば、すべてが最高です。
No.18 2006.03.20 ケーキ 鴫立亭
大磯の鴫立亭で頂くダージリンティーは絶品である。
隣には、甘く、ほろ苦いシブーストを添えて。
No.21 2006.03.20 大人の科学 プラネタリウム
一人、トイレのライトを消して、スイッチを入れる。天上に満ちる星の光を見る瞬間、心が宇宙(そら)に届くようだ。
No.22 2006.03.20 パン 富ヶ谷 ルヴァン
いつも、ルヴァンのカンパーニュ317とクロワッサンを買いに、
代々木上原で途中下車する。
No.23 2006.03.20 チーズ 愛宕山 フェルミエ
お店でワインとチーズのセットを頼んで、一人でぼーっとするんだ、
また、いつか。
No.24 2006.03.20 朝永振一郎 量子力学I
春休み、誰もいない大学の図書館で、この本を読んだとき、身震いがして、涙が止まらなかった。この感動の記憶がある限り、私は物理学を捨てられない。
No.25 2006.03.20 
いつも、ルヴァンのカンパーニュ317とクロワッサンを買いに、
代々木上原で途中下車する。

トップに戻る>

Ads by TOK2